ニュース

【意外な美容記事】おうちでササッと農薬落とし

【意外な美容記事】おうちでササッと農薬落とし

今回は、新発売した野菜洗浄水がありますので、野菜洗浄液【ササッと農薬落とし】に関してです。 「子どもや家族に、安全なものを食べてもらいたい!」 「野菜の農薬が気になるけれども、無農薬野菜は高い!」 「他にも、野菜洗浄剤はあるけれども、どうちがうの?」 そんな声に答えられたらいいのかな、と思っています。   ただ、本題に入る前にウソはいやなので、先に書いておきます。 本記事を書いている「おぐ」は、そんなにお野菜の農薬は気にしないタイプです(お店の販売スタッフとして、非常に問題アリだとは自覚しています)。 もともと登山部だったのもあって「食料があって、食べれるだけいいやん」みたいなところがあります。農薬があるから、虫さんに横取りされずに、病気にやられず、作物を人間食べれるのですから。 ただ、農薬や工場の排水によって、水が汚染されて、魚の生態系が崩れたり、近隣の人たちが病気になることもあるので、全く無視していいわけでもないとは思います。   だから「有機野菜じゃないと!」「形や色が悪いくらいのほうが安心なの!」と心配する方々がいるのもわかります。 そこまでいかなくても「やっぱり皮ごと食べてるから気になる」「お腹に子どもがいるんだけど、大丈夫かしら?」と心配されるのも、無理ないとは思います。 毎日農薬の付いた野菜を食べていて、病気と関係ないなんて言いきれないです。実際、私たちの身体は、口から入ってお腹から吸収されたもので出来ているのは間違いないので。   農薬を気にするかどうかはさておいて、農薬を気にしない私でも、試しに農薬洗浄水を使わせてもらって「これはいいな!」と思った点があります。 そうした点もご紹介しながら、話させていただけたら、と思います。 1.そもそも農薬で懸念される身体への影響は? あまりこの分野は知らないので(申し訳ありません)、自分自身が感じた疑問がありました。 「農薬って、そんなに危ないの?」   わからないので、引用させていただきます。 “農薬が少しずつ体内に入ることによって、すぐには影響がでなくても、長い間にジワジワと健康が害されることはありませんか?”という質問に対し、 農薬工業会は、“適正に使用された農薬が作物を介して人の健康に影響することはありません”と答えています。   詳しく見てみると「慢性毒性試験」という実験で、試験物質を動物に長期間にわたり反復して投与し、どのような変化が現れるかを調べるとともに、投与量と毒性との関係を知るための試験のようです。実験動物は、ここでは、犬とねずみだそうです。 こういう検査がきちんとされてる聞くと「なら、大丈夫なんじゃない?」といういい加減な「おぐ」みたいな人もいると思います。 ただ、この実験は1年間ごとなんですよね。 気にされる方は「農薬の蓄積って1年じゃないでしょ?」と突っ込むのかと思います。  ...
続きを読む
【意外な美容記事】手荒れの「かゆい!」の理由

【意外な美容記事】手荒れの「かゆい!」の理由

今回のテーマは「手荒れで手がかゆい!」という内容です。 「夜、気が付くと手をかいていた..」 「治りかけてたのだけど、ひっかいて繰り返すの」 「湿疹がかゆくて」 手荒れで「手指がかゆい!」というお声は、よく寄せられます。 一体、どうして手指がかゆくなってしまうのでしょうか? 1.肌が「乾燥肌」になっている 手荒れの段階はさまざまにありますが、初期症状は「乾燥」です。 健康な肌が、かゆみを伝える神経の末端が、肌の奥の方にあります。 しかし、乾燥肌になると、皮膚内部が乱れることで、この末端神経が、肌の表皮のすぐ下まで伸びてしまうことがあります。 だから、「かゆみ」を脳に伝えやすいそうです。 あるいは、乾燥肌はバリア機能が落ちているため、刺激に対して無防備だから「かゆみ」を感じやすいというものもあります。 「かゆみ」自体の詳しいメカニズムは、未だに不明です。   しかし、かゆみの主な原因物質は「ヒスタミン」です。 この「ヒスタミン」がかゆみ物質でもあり、神経に「かゆみ」を伝えるそうです。アレルギー反応とも関係しているとも言われています。 こういうと「ヒスタミン」が悪者のように見えますが、「ヒスタミン」は、身体になくてはならない物質であることも事実です。 ヒスタミンは、例えば、脳への刺激を与え、ひらめきとも関係すると言われています。ヒスタミンが不足すると、鈍脳つまり「頭が働かない状態」になります。      やや話がそれましたが、肌のバリア機能が低下するため、乾燥肌とかゆみは、密接な関係にあるようです。 乾燥肌を防ぐためには、こまめな保湿が大事になってくるわけです。   「手の保湿って、ハンドクリームでしょ?」  そう思われる方も多いかもしれませんが、ハンドクリームは、あんまり手のケアに向いていないようなものもあります。   例えば、油分ばかりのハンドクリームは、乾燥して手荒れしている肌には、あまり向いていません。というのも、乾燥しているということは、水分が足りていないのです。   「そう、水分が必要!」 「じゃぁ、なんでクリームなんて塗るんだ。水につければ、いいじゃないか」...
続きを読む
【意外な美容記事】手荒れで悩む人がやらない「3つの習慣」

【意外な美容記事】手荒れで悩む人がやらない「3つの習慣」

今回のテーマは「手荒れがなかなか治らない」という内容です。 「冬の乾燥がツラくてガサガサ...」 「皮膚科の薬で良くなるんだけどね、なんか繰り返すの」 「もうどうしたらいいのか、サッパリ」 手荒れしているのは、見た目もひどいし、痛くてツラいですよね。 皮膚科の薬を塗っていて、湿疹とかの炎症には初めはすごく効いてる感じがあるのですが、なんだか乾燥までは良くならず、結局は繰り返して治りきらない気付いたら半年過ぎた...。というのが、私自身にあった経験です。 みなさんは、手荒れでどんな経験をしていますか? 人によっては、もう十何年も手荒れ...なんて話も聞きます。もちろん、どうしても、手荒れをしやすい生活環境や職場環境の方もいるので、仕方ない部分はあるかと思います。でも、私自身の場合は「確かに職場での手洗いは増えたが、それだけで...??」と戸惑いました。 1.なぜ手荒れするのか、原因を防ぐ 手荒れの原因はさまざまです。 「冬場で乾燥してるから...」 「手洗い+アルコールするのが、食材扱ううえでルールになっているから」 「パーマ剤だったり、シャンプーをよく使うから」 「紙書類をたくさん触るから摩擦で」 このように生活環境・仕事環境で、どうしても手荒れしやすい環境にいることはよくあります。 「 〇摩擦 〇圧力 〇水 〇洗剤 〇紫外線 〇刺激物 」 これが大きく分けると原因となるものです。   原因を減らす、原因を防ぐことで、いくぶんか手荒れがよくなることはあります。   防ぐ方法としては、まず思いつくのは、キッチンゴム手袋でしょうか。 たしかに、お皿洗いの時に使ったり、掃除の時に使うと、手荒れが軽減されますね。 ただ、すっぽり抜けたり、中に水が入ったり、泡が落ちたかわかりづらかったりするので、好き嫌いはあるようです。   私自身は、キッチンゴム手袋の厚さが苦手で、使い捨てのビニール手袋を酷い時はしていました。 ただ、長時間使用して汗をかくと、蒸れて悪化することもありました。   一番おすすめなのは、ハンドプロテクターです。 次のような刺激物の刺激を緩和してくれます。 「 〇洗剤 〇アルカリ性剤 〇パーマネント剤 〇漂白剤 〇シャンプー 〇アルコール製剤 〇酸性製剤 〇シリコン 〇溶剤(ペンキ類) 」...
続きを読む
">